• Home
  • >
  • オフショア開発

オフショア開発

オフショア開発事業概要

日商エレクトロニクスベトナムのオフショア開発事業は、日商エレクトロニクスが長年、金融業界向けソリューション開発で培った経験とノウハウを受け継ぎ、スタートしております。日商エレクトロニクスが長年蓄積してきたプロジェクト管理経験及び業務ノウハウをいかして、日本と同等な基準でソフトウエア開発サービスを提供することができます。日本のシステムインテグレーターおよびサービス事業各社様のソフトウエアプロダクトの開発、保守、アップグレードなどを一貫してサポートする『プロダクトマネージメントサービス』ならびに金融業界を中心とする各種業務システム開発プロジェクトにおいて、オフショア開発サービスを提供しております。オフショア開発担当チームは圧倒的な日本語対応スキル保有率により、コミュニケーターを介さず、お客様との直接コミュニケーションをとり、オフショア開発プロジェクトをスムーズに遂行します。また、契約につきましては、日商エレクトロニクスと契約を行っていただけますので、日本法人間での取引も可能です。

offshore_overview_smile_environment

オフショア開発事業の変遷

history-jp

なぜ日商エレクトロニクスベトナム?

プロダクト開発&保守の実績

プロジェクトベースのオフショア開発のみならず、貴社ソフトウエアプロダクトの開発、機能追加、保守、アップグレードなどプロダクトマネジメントに関する作業をオフショアサイドで一貫してサポートします。イメージエントリーソフトウエア、CTIソフトフォン、スキャン制御ソフトウェアなど多数実績があります。

日本語対応スキル

オフショア開発担当エンジニアの75%が日本語検定取得、60%は日本人との直接コミュニケーションが可能なスキルを保有。プロジェクトマネージャーがコミュニケーターを介さず、貴社開発プロジェクトをサポートします。日本語によるスムーズなオフショア開発プロジェクトを推進します。

アーキテクトによるサポート

アプリケーションアーキテクトをオフショア開発の各プロジェクトに配置し、アプリケーションフレームワーク設計やプロトタイプ開発など、詳細設計工程前の上流工程からサポートします。品質強化においても、アーキテクトがチェック&レビューを行い、オフショア開発の品質強化を実施します。

オフショア開発プロセス

offshore_development_process_ja

オフショア開発はお客様がコストメリットを享受いただけるものですが、初期フェーズでは、開発のコアメンバー(ブリッジSEとテクニカル・リーダー)がお客様先に常駐することにより、業務把握・システム理解がより効率的になり、両社の信頼関係を築くことも可能。  1) ブリッジSE(BSE)   : 日本語N2レベル、開発経験6年、 ブリッジSE経験2年  2) テクニカル・リーダー(TL) : 開発経験5年 お客様のご評価・ご要望により、オフショア側の開発体制を構築いたします。中規模及び大規模のソフトウェア開発案件に応じて、多数の開発者を用意することが可能です。契約形態として、「単価契約」、「ラボ契約」、「定額(一括)請負契約」、「単価契約と定額(一括)請負契約の組み合わせ」が対応できます。 このフェーズでは、ブリッジSEが担当システムに関する業務知識を把握している為、ベトナムに帰国して本格的なオフショア開発を行うことができます。

オフショア開発プロジェクト実施方法の事例

オフショアでのプロジェクト実施方法の事例

オフショア開発パイロット実施

  • 【目的】:お客様の“お作法”や業務内容等の理解と同時に日商エレクトロニクスベトナムのリソースがお客様の要件を満たせるかを判断頂く。
  • 【期間】:3ヶ月
  • 【契約】:ラボ(常駐)
  • 【人数】:2名(PM/BSE1名、SE1名)
  • 【KPI】:要件理解(正確性)、生産性(スピード)、成果物(品質)

この期間では、生産性の履歴を常に残し、後から“定量的”で且つ“定性的”に評価出来るようにする。

オフショア開発本格化

Pilot実施結果についてお客様にてご評価頂き、評価結果が良ければ、次のステップを踏んで体制構築を行う。Pilot期間中のPM/BSE担当者を日商エレクトロニクスベトナムに戻し、オフショア開発体制を構築し、本フェーズ以降のお客様との窓口(オフショア側)とする。Pilot期間中のPG担当者をそのままお客様に残し、開発業務を行いながら、お客様との窓口(オンサイト制)とする。3ヶ月で培ったノウハウと経験をマニュアル化し、オフショア開発体制に展開し、属人的な作業を出来るだけ排除しながら、健全な開発体制を構築する。開発案件の特徴により、柔軟な価格体系をお客様に提案し、出来るだけお客様に開発スピードだけではなく、コストメリットも提示する。

常に業務改善を行い、正確性を保ちながら開発スピードをアップして開発コストを削減する。このサイクルを継続的に行っていく。

オフショア開発スキル

オフショア開発スキル

日本語スキルアップに向けた取り組み

bullet-check日本語DO JO

初級、中級、上級(会話)の3クラス編成の日本語スキルアッププログラムを開催。General Director、コミュニケーターが講師を務め、スムーズなオフショア開発プロジェクト推進のため、日々メンバーの日本語スキルを特訓。

 

nihongo_class

オフショア開発プロジェクト関連ツール

management-tool-polycom

bullet-check プロジェクトマネジメントツール

オフショア開発のプロジェクト管理ならびにプロジェクト状況に関して、お客様とのコミュニケーションを効率的に運用するため、プロジェクト管理ツール“RedMine”を活用し、プロジェクトマネジメントを実施します。

bullet-check 品質管理

定量的な情報をもとに客観的に品質管理を行うため、 “RedMine”によるプロジェクト管理とあわせて、障害・課題・変更に関する独自の管理ツールにて個々の事象についても管理します。

bullet-check バージョン管理

バージョン管理ツールSubversion(SVN)を活用し、各種成果物管理(ソース管理)を実施します。

bullet-check その他コミュニケーションツール

テレビ会議システム“Polycom”、“Skype”、”SCPIA”の活用。

bullet-check VPN回線

お客様とのデータ通信のため、VPN回線をご用意しております。
通信事業者の異なる回線をプライマリ、セカンダリの2回線用意しております。

セキュリティマネジメント

bullet-check オフィス環境

・IDカードによる入退管理。
・監視カメラによる開発要員の行動監視。
・クリーンデスク運動による書類管理を徹底。

office-environment

bullet-check 開発機器

enquipment・開発サーバ専用ルーム管理
・サーバ/PCのHDDの暗号化
・BIOS、OS等の各種パスワード管理(ノートPCは指紋認証)
・開発PCの社外持ち出し禁止(ワイヤーロック管理)

bullet-check セキュリティガイドライン

・双日および日商エレクトロニクスのセキュリティポリシーおよびガイドラインに基づくセキュリティガイドライン
・定期セキュリティ教育および理解度チェック
・緊急連絡体制およびルール確立

オフショア開発の主な実績(プロダクトマネジメント)

#1. イメージエントリーアプリケーションPKG

・オフショアの作業スコープ:本パッケージプロダクトの保守(Tier2)および追加機能開発をサポート。
・技術要素:VC++、MS-SQL Server
・作業規模:3名×36ヶ月継続対応中。

#2. ECM PKG (Enterprise Contents Management)

・オフショアの作業スコープ:本パッケージプロダクトのイニシャル開発および追加機能開発をサポート。

・技術要素:Java, HTML5, MS-SQL Server

・工期:10名×6ヶ月。

#3. クラウド型CTIソフトウェア

・オフショアの作業スコープ:本SaaSプロダクトの保守(Tier2)および追加機能開発をサポート。

・技術要素:Java, .Net

・工期:6名×12ヶ月継続対応中。

#4. クラウド型CRMアプリケーション

・オフショアの作業スコープ:本SaaSプロダクトの開発、保守をサポート。

・技術要素:Curl、PHP、MS-SQL Server

・工期:20名×6ヶ月。

オフショア開発の主な実績(プロジェクトベース)

#1. ストレスチェックシステム開発

・オフショアの作業スコープ:本システムの基本・詳細設計、開発、単体テスト、結合テスト工程をサポート。

・技術要素:Liferay、Java、MS-SQL Server

・工期:11名×1ヶ月。(PM1名/BSE1名/PG9名)

#2. AIツール関連開発

・オフショアの作業スコープ:AIツール向けデータクレンジング、開発、回帰分析等の統計分析作業をサポート。

・技術要素:Python

・工期:5名×1ヶ月。

#3. クレジットカード会社入会審査システム開発

・オフショアの作業スコープ:本システムの開発、単体テスト、内部結合テスト工程をサポート。

・技術要素:ASP.net、MS-SQL Server、BPM Middleware

・工期:11名×9ヶ月。(PM1名/BSE3名/PG7名)

#4. 運輸会社貿易事務プロセスシステム開発

・オフショアの作業スコープ:本システムの詳細設計、開発、単体テスト、内部結合テスト工程をサポート。

・技術要素:BPM Suite、MS-SQL Server

・工期:6名×5ヶ月。(PM1名/BSE1名/PG4名)

ご相談・お問い合わせ
84-4-3556-3737     sales@nissho-vn.com